本文へスキップ
病気・障害・医療のページ 障害とは、達成や進行のさまたげとなること、またはさまたげとなるもののこと。障礙(しょうげ)は仏教用語で煩悩心を覆い隠し悟りを妨げている要素を指し、邪魔するなどといった意味で使われ、明治にはしょうがいと読まれるようになりました。本サイトでは広義に捉え、障害または障がいと表記しています。

病気・障害・医療Illness / disability/medical

テーマ (クリックで別ウインドウに表示)  内      容
難病者の生活自立と支援のあり方① 難病と法律・制度 ~ 難病法施行に至る社会的背景と課題 ~
難病者の生活自立と支援のあり方② 難病と法律・制度 ~ 難病者の生活実態からみた問題点 ~
難病者の生活自立と支援のあり方③ 難病と法律・制度 ~ 適切な支援や制度のあり方 ~
多重障害・自閉スペクトラム 先天性・後発性多重障害 自閉スペクトラムの解釈
心の病と共生社会 症状名と人権的配慮 共生の落とし穴…攻撃と排除
障害と自己理解・周囲理解 障がい者の回復・受容・自尊感情と周囲理解
学習に関わる障害 LD・識字障害 限局性学習症 識字障害の苦しみや悲しみ
学習に関わる障害 算数障害 算数障害(ディスカリキュア)と学習
薬物依存のいろいろ 様々な薬物と依存症 
緩和医療に問われること 苦海と浄土 豊かな死と生を考える
 「教育・子ども・人生」「ケア・カウンセリング」「思想・歴史文化」とも内容が関連するため、それぞれ重複掲載しています。
トップページ病気・障害・医療 教育・子ども・人生ケア・カウンセリング思想・歴史文化